頭を抱える男性

クラミジアは、性感染症の中でも感染率が高い傾向のある病気です。クラミジアトラコマティスというウイルスによって引き起こされる病気であり、特に女性は男性患者の2倍以上もこのウイルスに感染しています。若者への感染が広がっていて、多くの人が自覚症状がないというのが難点です。女性の場合は7割以上、男性の場合も半数以上が感染しても自覚がないので着々と感染を拡大させている背景があります。ただ、日常生活や性行為のときに注意をしていれば感染を容易に防ぐことができる病気でもあります。感染が広がっているのは若者の間で、これも予防や対策がきちんと行われていないからです。実際に、クラミジアを発症させるウイルスそのものは非常に弱い菌です。人間の体からでていくと長い時間で生息することができない傾向がありますので、実は二次的な感染率はとても低い傾向があります。

例えば、同じ性感染症であっても性器ヘルペスなどは生命力が非常に強いため、保菌者の体液が付着している食器やタオルなどを利用することで他の人にも感染する可能性がとても上昇します。一方で、クラミジアは体液に生息していたとしても人の近くから離れると生命活動を維持できなくなるくらい弱い存在です。そのため、感染経路は非常に限定的であり、その部分さえ注意をしていれば怖い病気ではありません。

クラミジアの主な感染経路は性的な接触が大半で、それ以外の活動ではほぼ感染しない現状です。確かに、オーラルセックスなどを行うことで咽頭内にもクラミジアが感染することはありますが、単純なキスをするくらいでは実はクラミジアのウイルスは他の人にはほとんど感染しません。唾液交換を伴うキスを行うことで、初めてクラミジアが感染する確率が上昇します。粘膜同士の接触が問題になるので、その点を考慮しておけば対策は難しくありません。

感染経路は性行為であるため、コンドームなどの日常的な避妊対策で十分に拡大を防げます。注意点としては、粘膜に触れることで感染率が上がるため、クラミジアが生息している粘膜に接触した状態で他の部位に触れたりすると、その部分に感染症の症状がでる可能性もあります。とても弱い菌に違いはありませんが、実際に感染して症状がでると辛い症状がでるため、この点は注意が必要です。一方で症状が発症しても、個人輸入などで入手可能なクラミジアの抗ウイルス薬を利用すれば治療できる病気であるため、早期の対応が大切です。

記事一覧
クラミジアなどの性感染症に用いられるアジーはどのくらいで効果が出る?

アジーは、アジスロマイシンを有効成分に使っているジェネリック医薬品です。ジスロマックと同等の有効性を有していますので、とても使いやすいクラミジア治療薬として重宝されています。ジスロマックは、抗生物質として利用される医薬品であるため、クラミジアに限らず細菌に関連する病気であるのならば多くの症状に有効で...

2020年05月12日
クラミジア治療薬のレボクインの効能や副作用が起こる確率は?

レボクインは、抗菌薬としても知られているクラビットのジェネリック医薬品です。一般的にも知られているジスロマックはマクロライド系の抗生物質ですが、レボクインはニューキノロン系に属する抗菌薬で分類が異なります。そのため、ジスロマックを服用して過敏症が生じる人であっても、レボクインを利用することができる可...

2020年04月26日
クラミジアの症状を押さえるためにジスロマックを服用する時は副作用に備えよう!

ジスロマックは、抗生物質であるアジスロマイシンによって細菌性の病気を治療してくれる治療薬です。クラミジアに対しても大きな効果を発揮するため、病院でクラミジアの治療が行われるときには第一選択としてこの医薬品が使われることが大半です。ジスロマックの魅力は、たった1回の服用だけで真菌性のウイルスを駆除して...

2020年04月09日
クラミジアの治療薬には通販で買えるものもある?主な成分や価格は?

クラミジアの治療薬は、抗菌薬として専門的に処方しているものが大半です。少なくとも、日本国内で専門薬を手に入れるためには病院でクラミジアという診断を受けてから、医師の指導のもとに使わなくてはいけません。クラミジア治療薬で最も人気のあるものは、アジスロマイシンが含まれている医薬品です。抗菌薬としての役割...

2020年03月30日